スポンサードリンク

2018年01月11日

シェアハウスの30年保証を信じたばかりに



埼玉サラリーマン大家です。ブログをご覧いただきありがとうございます。


まずは、お願いから!
不動産投資ブログランキングに応援のご協力をお願いします!
みなさんの応援が更新の励みになっています。ありがとうございます!




今日は『シェアハウスの30年保証を信じたばかりに』について考えていきたいと思います。
少しは今日のブログがあなたの参考になれば幸いです。

スポンサードリンク




それでは、本題へ!

■シェアハウスの30年保証を信じたばかりに

昨年末にも話題に取り上げたシェアハウスの続編です。
私の東京アパートの目の前に、1年半くらい前に新築のシェアハウスが建ちました。その経営状態が著しく悪いのです。。。
なんと、空室率は8割を超えます。
しかも、近々すべての部屋が空室になりそうな状況です。。。

近隣には、この運営会社が建築した新築シェアハウスが乱立しています。
個人の部屋は4畳半程度の極小面積で、共用のリビングも無い特殊な仕様で、ターゲットも若い女性のみです。それなのに、、、2km圏内に9棟も!

そして、その全てで空室率が8割を超えるような運営状況です。

東京の好立地で、こんな状況に陥っているような不動産の案件があることに衝撃を受けてコラムにしたのが先月のことです。


調べてみると、ここ数年で急速に棟数を増やしたようですね。
そもそも、若い女性専用のシェアハウスですから狙っている需要は大きくありません。それに対して、なぜ急拡大するような手法を取ったのでしょうか?
明らかに、需要と供給がかけ離れていることは分かっていたはずです。

それにもかかわらず、『30年定額家賃保証』という武器をつけて安心感を演出しています。それに騙されて(?)良い投資だと思った人がいたのでしょう。

今は、まだ何とか家賃保証が継続しているようです。
しかし、一部で未払や減額などの問題も浮上してきているようですから、そろそろ危険水域に入ってきたように思えます。

そもそも、ほとんどの物件で空室率が8割を超えるような状況なのに、オーナーに家賃保証をし続けているのですから、、、運営会社の体力が持つわけがありません。

なぜ、こんなことができるのかと言えば、、、
↓↓↓

(つづきを見る)
楽待コラムへ!


※コラムの記事下に『評価ボタン』があります。
よかったら、評価してみてください。


ブログランキング参加中!応援お願いします。
他の不動産投資ブログも見たい方も!






posted by 埼玉サラリーマンの不動産投資ブログ at 20:49 | Comment(0) | コラム関連

不動産投資 ブログランキングへ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: